HOME 会長から 自民党道連の構成 議員名一覧 機関誌 入党案内 ご意見
5月
20日
2018

第79回道連定期大会を盛大に開催

北海道150年記念でアイヌ舞踊も披露

自民党道連は5月20日、第79回定期大会を札幌グランドホテルで盛大に開催しました。「先人に感謝 北海道命名150年記念」と銘打った今大会では、冒頭にアイヌ古式舞踊が披露されたほか、来賓や役員がアイヌ文様があしらわれたはんてんを着用し、代議員、国会議員、地方議員、首長、各種友好団体代表者らが多数出席のもと、熱気あふれる大会となりました。
吉川貴盛道連会長はJR路線見直し問題について、6月中に党としての方向性を出す考えを示したほか、「来年は統一地方選、参院選のほか、天皇のご退位などもあり、最も大切な一年となる。与党としての歩みを止めることなく、日本の未来に責任を果たしていきたい」と力強く述べました。
党本部から来賓として出席した林幹雄幹事長代理は、「選挙に勝つことが政治の安定につながる。来年の正念場に向けて、党本部としてもしっかり支援していきたい」と訴えました。
来賓の稲津久公明党北海道本部代表、高橋はるみ知事、髙橋賢友北海道経済連合会会長のあいさつ、優秀組織・優秀党員表彰、幹事長党務報告の後、各級選挙の必勝態勢の確立などを柱とする新年度活動方針案が満場一致で承認され、その後、必勝ガンバローコールが行われました。