HOME 会長から 自民党道連の構成 議員名一覧 機関誌 入党案内 ご意見
11月
19日
2019

北海道総合振興特別委員会が道開発予算について協議

 自民党北海道総合振興特別委員会は11月19日、自民党本部で会議を開き、来年度の北海道開発予算などについて協議しました。再任された吉川貴盛委員長、武部新事務局長をはじめとする新役員のほか、前委員長の福井照衆議院議員、道内選出国会議員が多数出席し、道連からは八田盛茂幹事長、田中芳憲政調会長が出席しました。

 吉川委員長、青木一彦国土交通副大臣のあいさつに続き、国土交通省北海道局長から来年度予算要求のポイントについて、鈴木直道北海道知事と秋元克広札幌市長から重点要望について、それぞれ説明がありました。さらに、道と札幌市の連名で、東京2020オリンピックのマラソン・競歩競技札幌開催に関する緊急要望が行われました。

 出席議員からは、北海道開発予算の総額確保のほか、胆振東部地震被災地復興予算の確保と工期の弾力的な運用、民族共生象徴空間(ウポポイ)に関する予算の確保、河川や道路の整備、次世代通信規格5G導入に向けた支援などについて、提言や要望がなされました。

 最後に、北海道開発予算の総額確保、災害に強い北海道の実現と戦略的産業の振興、ウポポイ開業に伴うアイヌ振興、マラソン・競歩札幌開催への支援などを盛り込んだ「北海道の持続可能な開発の実現と北海道開発予算の拡充に関する申し入れ」案が了承されました。申し入れ案は、国交省、財務省、党本部に提出する予定です。

10月
26日
2019

令和初の道連セミナーを盛大に開催

森山裕党国対委員長が特別講演

 自民党道連の政経セミナーが10月26日、道内選出国会議員、各種友好団体、党員・党友など、来場者が多数出席する中、盛大に開かれました。

 はじめに台風19号、千葉県大雨で犠牲になった方々へ黙とうを捧げた後、吉川貴盛道連会長があいさつし、「台風災害については党を挙げて、できうる限りの支援をしていく。皆さまと協力しながら政策課題に取り組み、北海道の新時代を築いていきたい」と述べました。

 来賓あいさつに続き、夏の参院選で初当選した高橋はるみ参議と岩本剛人参議、8月に退任した伊達忠一前参議院議長が支援に対する感謝の言葉を述べました。また、東京五輪・パラリンピック担当大臣・女性活躍担当大臣・内閣府特命担当大臣(男女共同参画)に就任した橋本聖子参議をはじめ、農林水産副大臣の伊東良孝衆議、総務副大臣の長谷川岳参議、防衛大臣政務官・内閣府大臣政務官の渡辺孝一衆議、党副幹事長の武部新衆議がそれぞれあいさつしました。

 さらに、党本部を代表して、森山裕党国会対策委員長が特別講演し、「自民党が野党時代に工事が中止された八ッ場(やんば)ダムに水をためる試験湛水が10月に行われた。台風19号のときにこのダムがなければ、千葉はどうなっていただろうか。責任をもってやるべきことをやるのが政治だ」と語りました。

 セミナーに先立ち行われた各種友好団体との政策懇談会では、さまざまな道政課題についての要望が上がり、森山国対委員長が実現に向けて、解決に向けて努力する意欲を示しました。

10月
11日
2019

令和元年度団体政策懇談会を開催

道連・議員会が45団体と意見交換

 各種友好団体の要望や提言を来年度の施策や予算に反映させるため、自民党道連と道議会自民党・道民会議が毎年開催している「団体政策懇談会」が、10月7日から11日までの5日間の日程で開催され、団体代表者と党所属道議会議員が熱心に意見交換しました。

 懇談会には田中芳憲政調会長をはじめとする政調会メンバーを中心に、道連、道議会自民党・道民会議議員会所属議員が多数出席し、経済、1次産業、医療・福祉、建築土木、運輸、教育など、出席した45団体から多岐に渡る要望が出されました。

 田中政調会長は「貴重な要望・提言を聞かせていただいた。一つでも多くの課題が解決できるよう、引き続き取り組んでいく」と述べ、要望の実現に向けて、積極的な議会議論や要請活動を実施する方針を示しました。

Older Posts »