HOME 会長から 自民党道連の構成 議員名一覧 機関誌 入党案内 ご意見
9月
11日
2019

New札幌で「世界津波の日」高校生サミットを開催

 若者が防災・減災について学ぶ「『世界津波の日』2019高校生サミットin北海道」(道、道教委主催)が9月10、11日、札幌市豊平区の道立総合体育センター「北海きたえーる」で開かれました。

 このサミットは2015年に国連総会で「世界津波の日」が制定されたことを機に、翌16年から毎年開かれています。高知、沖縄、和歌山に続き、今回が4回目で、道内では初開催です。「記憶を未来へ、備えを明日へ」をメインテーマに、世界43カ国、国内68校から過去最多となる394人が参加しました。

 1日目は、高校生が12の分科会に分かれ、「知識を得る」「意識を高める」「復興に向け共に行動する」の各テーマについて、英語で討論を行いました。午後には開会式やレセプションが行われ、鈴木直道知事、福井照自民党国土強靭化推進本部事務総長、中村裕之文部科学大臣政務官(当時)、武部新自民党道連会長代行、村田憲俊道議会議長をはじめとする国会議員、道議が多数参加しました。

 2日目は、高校生が知事公館で記念植樹、記念碑序幕を行った後、総会・閉会式に臨み、自然災害への関心を高め自然災害から命を守るために行動する決意を盛り込んだ「イランカラプテ宣言」を採択しました。

8月
31日
2019

北海道総合振興特別委員会が道内視察

 自民党北海道総合振興特別委員会(委員長・福井照衆議院議員)は8月30、31日、道内を訪れ、昨年の大雨で氾濫した河川の災害現場視察や、新幹線札幌延伸後の都市交通に関する意見交換を行いました。

 福井委員長は30日、同委員会幹事長の長谷川岳参議院議員と共に函館市・松倉川や函館港を視察した後、木古内町で渡島・檜山管内の首長・議長らと地域課題について意見交換を行いました。視察や意見交換会には、前田一男前衆議院議員や道議の川尻秀之、佐々木俊雄、内田尊之の各氏も参加しました。

 31日は札幌市中央区のJRタワー展望室から、新幹線札幌延伸の際の新駅建設予定地などを視察した後、新たな都市交通システムとして期待される次世代型路面電車(LRT)について、道、JR北海道、開発局、札幌市の幹部らと意見交換しました。意見交換会には、船橋利実衆議院議員、高木宏壽党札連会長、札幌市議会議員の三上洋右、髙橋克朋、五十嵐徳美、飯島弘之の各氏も出席しました。

 福井委員長は、「LRTはデザインや走行性がよく、観光の目的にもなり得る。札幌に誰も見たことのないLRTをつくるべく、議論を重ねていきたい」と述べ、来年9月をめどに同委員会として方向性をまとめる考えを示しました。

5月
27日
2019

第63回道連女性局定期大会を開催

新女性局長に1区・佐藤登代子さん

 令和元年度の自民党道連女性局第63回定期大会が5月27日、札幌グランドホテルで開かれました。

 平成20年より女性局長を務め、今大会で退任する大崎誠子道議(札幌市東区選出)があいさつし、「4月の選挙では皆さまにお世話になり、鈴木直道知事が新たに誕生し、道議選では自民党が単独過半数を獲得するなど素晴らしい結果となった。山積する課題を解決するためには、参議院選挙で公認候補2人を勝たせなければならない。地元に戻り、政治に関心がない人や無党派の人にも自民党の政策を訴えていただきたい」と語りました。

 来賓の冨原亮道連組織委員長(渡島地域選出道議)、加藤貴弘道連副幹事長(札幌市西区選出道議)によるあいさつに続いて、参院選に立候補予定の岩本剛人前道議と、高橋はるみ前知事の事務所から藤部英一所長が必勝へ向けた意気込みを語り、その後、全員によるガンバローコールが行われました。

 議事に入り、平成30年度活動報告、令和元年度活動方針案が全会一致で承認され、役員改選では、女性局長に佐藤登代子さん(1区女性局長・道連女性局常任幹事)、幹事長に山田拓子さん(11区女性局長・道連女性局常任幹事)が新たに選出されました。

Older Posts »