HOME 会長から 自民党道連の構成 議員名一覧 機関誌 入党案内 ご意見
7月
4日
2019

参院選公示、高橋はるみ・岩本剛人両候補が第一声


 7月4日、第25回参議院選挙が公示され、北海道選挙区(改選数3)に立候補する自民党新人の高橋はるみ候補、岩本剛人候補が、札幌市内でそれぞれ第一声を上げました。
 高橋候補は中央区大通西10丁目に、16年前、初めての知事選で使用した緑色のジャケット姿で登場し、知事時代の実績を強調しながら、「この16年間、道内をくまなく回り、地域の課題解決、魅力発信に全力で取り組んできた。道民の皆さんと築いた信頼関係を心の支えとして、しっかりと戦い抜いていく」と訴えました。応援弁士には旧通産省時代の先輩にあたる細田博之元内閣官房長官が駆け付け、「整備新幹線や災害対応など、難局を乗り越えてきた。参議院でも活躍してほしい」と激励しました。
 岩本候補は中央区北3西4でマイクを握り、「食と観光を発展させることが北海道の活性化につながる。鈴木直道知事と連携し、国・道・市町村が一体となり、新しい北海道の時代を切り拓いていきたい」と力強く決意を訴えました。片山さつき地方創生担当大臣も応援に駆け付け、「岩本さんはただ強いだけじゃなく、人のために頑張れるやさしい人だ」とエールを送りました。
 また、比例代表の自民党候補者33人のうち、現職の橋本聖子参議院自民党議員会長も同日午後、昨年9月の胆振東部地震で大きな被害を受けた出身地・胆振管内安平町早来から全国遊説をスタートさせ、夕方には札幌市内でも街頭演説会を行い、5期目へ向けて支持の拡大を訴えました。
 21日の投開票に向けて、17日間の熱き戦いが繰り広げられます。

6月
20日
2019

道連政調会・自民党議員会が「観光財源」に関する研修会


 自民党道連政調会と道議会自民党・道民会議議員会は6月20日、「新たな観光財源の確保に関する研修会」を道議会で開き、多くの議員が出席しました。
 道では外国人観光客の増加に伴い、観光地の環境整備に充てる財源確保が急務となっており、2年前から旅館やホテルの宿泊客を対象とする「観光税」の導入を検討してきました。東京都や大阪府などではすでに課税が行われており、道内でも倶知安町や札幌市、函館市など、一部自治体で検討が進んでいます。
 研修会では、田中芳憲道連政調会長が「前政調会長のもと問題点を整理し、早い時期に情報共有を図る必要があるため、研修会の開催に至った。質の高い観光づくりに向け、党としての方向性を出していきたい」とあいさつしました。
 続いて、三瓶徹観光振興監ら道職員が北海道観光を取り巻く環境や各自治体の検討状況について説明し、その後、活発な意見交換が行われました。

6月
16日
2019

第81回道連定期大会を盛大に開催

橋本聖子、岩本剛人、高橋はるみの3氏が力強く決意表明

 自民党道連は6月16日、「必勝!参議院議員選挙」と銘打った第81回定期大会を札幌グランドホテルで盛大に開催し、代議員、国会議員、地方議員、首長、各種友好団体代表者らが多数出席のもと、夏の参院選に向けて一致結束を確認しました。
 吉川貴盛道連会長は、「山積する課題を一つひとつ解決し、北海道の新時代を築き上げるよう頑張っていきたい。参院選では2名当選を至上命題として党本部から話をいただいており、友党・公明党とともに参議院での安定多数を図っていきたい」と述べました。
 来賓の福井照自民党経理局長・北海道総合振興特別委員長、稲津久公明党北海道本部代表、鈴木直道知事、飛田稔章北海道農協政治連盟会長のあいさつ、優秀組織・優秀党員表彰、幹事長党務報告に続き、参院選の必勝態勢の確立などを柱とする新年度活動方針案が満場一致で承認されました。
 その後、参院選に全国比例から出馬する橋本聖子参議院自民党議員会長、北海道選挙区から出馬する岩本剛人前道議、高橋はるみ前知事が力強く決意表明しました。
 また、役員改選では、幹事長に八田盛茂道議(小樽市)、総務会長に藤沢澄雄道議(日高地域)、政務調査会長に田中芳憲道議(恵庭市)とする人事案が承認され、最後は必勝ガンバローコールで熱気あふれる大会を締めくくりました。

« Newer PostsOlder Posts »