HOME会長から自民党道連の構成議員名一覧機関誌入党案内ご意見
4月
16日
2017

自民党青年局が全国一斉街頭行動

18歳選挙権」をPR

 自民党青年局は4月16日、道内16カ所を含む、全国98カ所で全国一斉街頭行動を実施しました。

 街頭行動は、今年で14年目。毎年6月の北朝鮮拉致問題についての活動に加えて、今回は「国に届け!18歳選挙権」をテーマに実施。全国各都道府県連の青年組織が街頭で、自民党の若者向け政策や政治参加に関する取り組みをPRしました。

 道内では札幌、石狩、室蘭、登別、苫小牧、千歳、釧路、帯広の各市で実施。自民党札連が実施したJR札幌駅南口前の街頭演説には、冨原亮道連青年局長、丸岩浩二札連青年局長(道連青年局次長)、山岸徹南区連青年局長、山谷亮太学生部長、鈴木彰人副部長が参加しました。

 冨原局長や丸岩次長は「昨年の参院選から18歳選挙権がスタートし、若者も政治に参加できるようになった。日本の未来を変えるには若い力が必要だ」と語りました。