HOME会長から自民党道連の構成議員名一覧機関誌入党案内ご意見
2月
13日
2017

河村建夫地方創生実行統合本部長が自治体と懇談会

今津北海道総合振興特別委員長、小野寺政調会長代理が出席

170213_1

 政府が進める地方創生の実現に向けた自民党本部主催の「地方創生懇談会」が2月13日、ニューオータニイン札幌で開かれ、国会議員や道議会議員、自治体関係者が出席しました。
冒頭、今津寛自民党北海道総合振興特別委員長が「地方創生についての地元の声を聞く目的で、こうした会を開いた。皆さんの意見をお聞きし、実現に向けて努力していきたい」と述べました。
吉川貴盛党道連会長、河村建夫党地方創生実行統合本部長のあいさつに続き、山谷吉宏道副知事、高橋賢友北海道経済連合会会長、吉岡亨札幌市副市長がそれぞれ地域活性化のための提案や支援要請を行いました。
党本部から出席した小野寺五典政務調査会長代理は「例えばJRが赤字で本数を減らせば乗る人が減り、路線が廃止になれば住む人が減る、という負のスパイラルが進む。どこかで歯止めをかけないといけない」と発言しました。
また、河村本部長は「国の地方財政計画で地方創生関連交付金を1兆円増額し、出生率が低い地域に重点的に配分した。地方創生に取り組む市町村をしっかりバックアップしていきたい」と話しました。

170213_2