HOME会長から自民党道連の構成議員名一覧機関誌入党案内ご意見
12月
27日
2015

サケ・マス流し網漁禁止に係る対策について説明会を開催

党サケ・マス緊急対策本部が根室入り

001

 自民党ロシア200海里・サケ・マス流し網漁禁止による根室・釧路地域緊急対策本部は12月27日、補正予算で措置された緊急対策と新年度予算案などについて、根室市内で現地説明会を開催しました。
 当日は、伊東良孝農林水産副大臣、自民党サケ・マス緊急対策本部の小野寺五典幹事長、水産庁から佐藤水産庁長官、黒萩漁業調整課長が出席、また、自民党道連・議員会の北洋さけ・ます流し網漁業対策本部から、幹事長の小松茂道議、事務局長の松浦宗信道議、中司哲雄道議が出席しました。
 地元からは荒川北海道副知事、長谷川根室市長、蛯名釧路市長、若狭厚岸町長をはじめ、釧根管内の漁協組合長など、関係者約65名が出席しました。
 水産庁からの説明では、27年度補正予算における緊急対策101億円の内容に加え、TPP関連対策補正予算における支援と、来年度予算における関連対策事業の説明がなされ、緊急対策以外にも2段、3段構えで対応していくとの説明がありました。
 出席者からは、「サケ・マス漁に造けいの深い小野寺幹事長と、農林水産副大臣になった伊東代議士が熱心に取り組んでくれた。期待通りで、対応も早く感謝している。この対策予算を有効につかっていく。」などの発言がありました。
 伊東副大臣と小野寺幹事長は、「この地域が水産の中心として発展できるようしっかりと支えていく」、「これ以後も、皆さんの意見を聞いて取り組んでいく」と述べ、課題の解決に向け、さらに努力していくことを約束しました。

002

12月
22日
2015

道連さけ・ます対策本部が西川本部長と懇談

補正予算に緊急対策費100億円を計上

001

 自民党道連・議員会の北洋さけ・ます流し網漁業対策本部の喜多龍一本部長、小松茂幹事長、松浦宗信事務局長は12月22日、西川公也党さけ・ます緊急対策本部長と衆議院議員会館で懇談しました。
 喜多本部長ら3人は、中川郁子党緊急対策本部事務局長の同席のもと、今年度補正予算に盛り込まれることが決定した100億円の緊急対策費について西川本部長に感謝の意を伝え、今後の取り組みについて懇談しました。党緊急対策本部は年内にも根室市内で説明会を行う予定で、地元関係者の意見を対策に反映させていく方針です。

12月
21日
2015

道連アイヌ政策推進調査会が中央要請

道両院議員会と道議の政策懇談会も実施

001

 自民党道連アイヌ政策推進調査会は12月21日、2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでに政府が一般公開を目指す、アイヌ民族の象徴空間と慰霊施設についての中央要請を実施しました。
 同調査会の神戸典臣会長、喜多龍一幹事長、中司哲雄副会長、笠井龍司事務局長のほか、戸田白老町長、山本白老町議会議長、大川道アイヌ政策推進室長が上京し、元アイヌ政策推進会議座長代理の吉川貴盛衆議院議員と、アイヌ政策を推進する議員の会代表世話人の今津寛衆議院議員のもとを訪れました。
 要望内容は、舞踏や会議に使用でき、年間100万人を受け入れ可能な全天候型ホールの整備や、民族の尊厳を尊重した参拝が可能な慰霊施設の整備などです。白老町長は「象徴空間という名称が国民に分かりにくいので、早急に検討してほしい」と訴え、両代議士からは関係省庁への働きかけを強めていくとの方針が示されました。
 その後、党北海道ブロック両院議員会と道議との政策懇談会が東京都内で開かれました。伊達忠一道連会長、高橋はるみ知事、遠藤連道議会議長のあいさつ後、岡部国土交通省北海道局長が、12月18日に閣議決定された平成27年度補正予算案について説明しました。総額3兆3213億円の一般会計補正予算案には、道開発予算818億円、「ゼロ国債」893億円が盛り込まれました。
 農水省、厚生労働省、財務省からも予算についての説明を受けた後、出席した国会議員から開発予算、TPP、さけ・ます流し網漁禁止などについて報告があり、活発な意見交換が行われました。

002

003

Older Posts »