HOME会長から自民党道連の構成議員名一覧機関誌入党案内ご意見
12月
25日
2013

JR北海道へ冬期間における安全運行の徹底を申し入れ

001

 自民党道連・議員会が設置するJR北海道安全問題対策本部(伊東良孝本部長)は、25日、JR北海道本社を訪れ、同社の野島誠社長に対し、冬期間における安全運行の徹底などについて申し入れを行いました。
 申し入れには、清水誠一対策本部副本部長、柿木克弘同副本部長、大谷亨同副本部長、石塚正寛同幹事長、冨原亮同事務局長の5人が出向き、対応した野島社長をはじめ、常務、担当部長ら幹部職員に申し入れ書を手交しました。
 冒頭、清水副本部長が「厳冬期を向かえる本道において、事故・トラブルは命の危険にまで及ぶ」として、安全対策の徹底に万全を期すよう求めたほか、年末年始や受験シーズンにおける利用者への最大限の配慮や、ダイヤ改正の影響でサービス低下を強いられている利用者へのきめ細かな対応を講じるよう求めました。
 これに対し、野島社長は「日々の安全を積み重ねて、お客様からの信頼を拡幅できるよう取り組んでいく。特に年末年始を含む冬期間の安全対策に万全を講じていく」と述べました。
 同対策本部では、今後とも事故、不祥事の原因究明と再発防止に向けた対策の徹底をはじめ、利用者の安全安心、定時性の確保が図られるよう、JR北海道の取り組みを注視し、必要な対策を求めていく方針です。

002

12月
19日
2013

党道ブロック両院議員会道議会議員との懇談会を開催

道開発予算の確保など要望

001

 自民党北海道ブロック両院議員会と道議会議員との懇談会が12月19日、党本部で開かれました。
 伊東良孝道連会長、高橋はるみ知事のあいさつ後、関博之国土交通省北海道局長から、同12日に閣議決定された2013年度補正予算案について説明がありました。歳出規模5.5兆円の補正予算案には北海道開発予算926億円が盛り込まれ、13年度の当初予算4770億円と合わせた総額は5696億円となりました。
 また、14年度予算で行う公共事業費を本年度に前倒しして契約する「ゼロ国債」は845億円(事業費ベース)で、ここ5年間では最大規模になりました。
 その後、柴田達夫道総合政策部長による14年度の国の予算、施策に関する要望があり、開発予算等の総額確保やTPP交渉への万全な対応の必要性を強く訴えました。続いて、出席した国会議員から、開発予算、新幹線の整備、送電網の整備、TPP交渉、観光振興特別措置法、酪農畜産物価格等についての説明があり、活発な意見交換が行われました。
 与党から工期の前倒しや、そのための国費増額を求める声が出ていた整備新幹線については、政府が同日、14年度当初予算案で、新函館(仮称)―札幌を含む5区間の建設予算を9年ぶりの増額となる720億円台とする方向で最終調整に入りました。当初予算額は05年以降、706億円が続いていましたが、消費税増税で資材費などが上がることもあり、増額が必要と判断しました。

002

003

12月
8日
2013

30回目を迎えた自民党総裁杯北海道将棋選手権大会

A級で横山大樹さん、B 級では高校生の田村瑛斗さんが優勝

001

 平成25年度自民党総裁杯北海道将棋選手権大会が12月8日、北海道将棋会館で開かれ、全道各支部の予選を勝ち抜いた代表が熱戦を繰り広げました。
 主催者を代表して自民党道連・小野寺 秀 広報委員長(帯広市選出、北海道議会議員)が、「30回目を記念する大会で、皆さまのご健闘を祈念します」と全道各地から予選を勝ち抜いてきた各級32人の64人の参加者を激励しました。
 白熱した盤上の戦いの結果、A級(2段以上)では横山大樹さん(6段・札幌)が優勝、湯上真司さん(5段・札幌)が2位、金内辰明さん(稚内)と笠井将生さん(函館)が3位にそれぞれ入賞しました。
 B級(初段以下)は田村瑛斗さん(札幌・初段)が優勝し、2位には本田涼太さん(十勝・初段)、3位には村上大輔さん(札幌)と狩野周さん(苫小牧)が入賞しました。

002

Older Posts »